妊娠線を防ぐ!予防のために行いたい3つのこと

体重を急激に増やさない

妊娠線ができる理由は、お腹が大きくなってきたからです。急に太ってしまった人に肉割れが出来てしまうのと同じ原理です。しかし、妊娠中は赤ちゃんの成長だけではなく、ママも赤ちゃんのために栄養をため込まなくてはいけませんので、脂肪がつきやすい身体になってしまいます。妊娠中に急激に体重が増えるのと同時に赤ちゃんの成長という2つに、皮膚が耐え切れなくなって妊娠線が出来てしまうのです。赤ちゃんの成長は必要なものですから、ママが体重を一度に増やしすぎないようにすることが大切です。

皮膚をしっかりと保湿する

皮膚はしっかりと保湿されていると伸びやすくなりますので、お腹が大きくなっても妊娠線が出来ないように耐えることができます。妊娠中は乾燥しやすくなりますから、しっかりと保湿を行っておくようにしましょう。保湿を始めるタイミングは妊娠がわかったらすぐに、が効果的です。いつ赤ちゃんがぐんと大きくなるのかわかりませんので、初期からケアを行っておくようにしましょう。

皮膚を守るものを身に着ける

お腹の冷えを予防したり、お腹をしっかりと支える効果がある腹帯や妊婦さん用のガードルは、同時に皮膚を支える効果も発揮してくれます。特にお腹が大きくなってくるとママの重心が変わってきますので、お腹に負担がかかりやすくなるのを防いでくれる効果と同時に、重心が変わってお腹が下がることで皮膚に必要以上の負担がかかり、伸びてしまうのを予防する効果が期待できますので、妊娠線を予防する効果が期待できます。

妊娠線のクリームとは、妊婦がお腹まわりに塗る保湿剤のことです。お腹が急激に膨らむと、皮膚がのびて消えない線が生じます。妊婦の皮膚は敏感で乾燥しやすく、クリームを塗る事で妊娠線を軽減する事が可能です。